各地の花の名所を訪ねて

東京では桜も終わり、今はチューリップに続き、ボタン、ツツジなどが満開です。これから、様々な花が開花する楽しい季節になりました。今回は、関東や関西の花の名所をご紹介します。

東京・立川の「昭和記念公園」では、5月25日まで、フラワーフェスティバルが開催中。4月29日、5月5日、5月21日には無料入園日も設けられています。チューリップの後には、ポピー、水連などが見頃に。広大な敷地のなかに咲く花の開花情報をHPでチェックして、出かけてみましょう。

f0373595_17353966.jpg

見事な藤の花やイルミネーションで有名な栃木県の「あしかがフラワーパーク」。CNNの「世界の夢の旅行先10カ所」に選ばれ、海外にもその名が知られるようになりました。今年は藤の開花が遅めで、これからいくつもの品種が見頃を迎えます。

f0373595_16295873.jpg

東京都内で藤で有名なのは、江東区にある「亀戸天神社」。赤い太鼓橋と藤の取り合わせは、とても風情があり、歌川広重の浮世絵にも描かれました。4月29日頃、早咲きの藤が満開になりそうです。

f0373595_16223076.jpg



手入れの行き届いた英国風のお庭で、バラを楽しめるのは「横浜イングリッシュガーデン」。5月の満開の時期には、1300品種1800本の花が咲き誇り、園内はバラの香りに満たされます。

f0373595_20244882.jpg


梅雨の季節に目を楽しませてくれるのは、紫陽花。鎌倉には長谷寺、東慶寺などこの花を楽しめるお寺がいくつもありますが、特に「明月院」は有名ですね。例年の見頃は6月初旬から中旬です。

f0373595_16232590.jpg

関西で紫陽花寺として有名なのは、京都府・宇治市の「三室戸寺」。杉木立の間に色とりどりの紫陽花約1万株が開花します。この寺は7月上旬から咲き始める蓮の花でも有名です。

f0373595_16231787.jpg

同じ時期、ユリも開花のピークを迎えます。埼玉県の「ところざわのゆり園」は、約3万㎡の自然林のなかに50種・約45万株のユリが咲き誇ります。今年は6月3日の開園予定

f0373595_16231089.jpg





[PR]
by limone08 | 2017-04-27 16:34 | 花の名所 | Comments(0)

東京周辺・桜スポット

東京も桜が開花満開は4月1日が予想されています。皆さんは、今年のお花見はどこに行くか決めましたか? 東京周辺にはたくさんの桜の名所がありますが、そのなかからおススメの場所を何か所かご紹介。

都心のオアシス日比谷公園。桜の本数は多くありませんが、その分混み合うこともなく、木の下でのんびり花見を楽しむ人が見られます。
f0373595_22431601.jpg

広い園内に約1500本もの桜が咲く昭和記念公園。菜の花とのコラボレーションが見られる場所も。

f0373595_22431793.jpg

石神井公園は、石神井池沿いに桜並木が続きます。ここも本数は多くありませんが、人ごみを避けて、ゆっくり楽しみたい人におススメ。
f0373595_22431535.jpg

都心でも有数のお花見スポットにあげられる千鳥ヶ淵。日中、お堀沿いに散策するのもいいですが、ライトアップされた桜も幻想的でオススメ。ただし、見頃はたくさんの人で混雑しています。

f0373595_22431771.jpg


予想では、4月15日の週末くらいまで見頃の時期が続くそうです。お弁当などを持って、家族や友人と花見をして、春を満喫したいですね。






[PR]
by limone08 | 2017-03-22 22:47 | 花の名所 | Comments(0)
f0373595_15534127.jpg

桜の季節を前に、日本各地に咲く美しい花の画像を集めたミニ写真集を作りました。日本人が古くから愛してきた色とりどりの花を眺め、ひとときほっとしていただけたらとの思いで編集しています。

<内容>

四季折々に、様々な美しい花が見られる日本。その季節ごとの花の画像を集めたミニ写真集。旅行誌などで活動し、米国の雑誌「ナショナル・ジオグラフィック」のサイトにも写真が掲載されたことのあるフォトグラファーが撮影した、優しい雰囲気の写真の数々。それぞれの花言葉とともに、花の英語名も掲載。外国の方も楽しめる内容です。


[PR]
by limone08 | 2017-03-09 15:51 | 花の名所 | Comments(0)

日本・世界各国の旅に役立つ情報と写真を掲載しています。   本サイトやHPに掲載した写真の貸出しを行っています。ご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。Mail: citrusfruits08@yahoo.co.jp


by 斉藤恵美